ハード・セミハードタイプ(全110件)

ミルクを固めて型に入れたあと、圧搾して水分を抜き、硬くしたタイプです。チーズの中でも大型で、ものによっては何十キロにもなります。熟成期間も数カ月から、長いものでは2年、3年と長期に。熟成させるほどに旨味が増し、断面にツブツブの白い旨味の結晶が見えることもあります。スライスしてそのままサンドウィッチにはさんだり、削ったり、溶かしたりして料理にも使用します。

カット・保存方法を見る

今!オススメの商品

20 / 110件

ハード・セミハードタイプチーズのカット・保存方法

カット方法

注意事項
水分が少ない生地は硬めで、大きい塊は特に片手でのカットは困難です。割れやすいチーズもありますので、カットの際は大きさに合わせたナイフ選びが重要となります。また、とても乾きやすいのできちんと包んで保管をするようにして下さい。
おすすめ器具
両手包丁、コンパクトナイフ、レジャーノナイフ、オリジナルナイフ

保存方法

包装資材
セロファン、二重紙、ラップ
温度
10度以下
保管方法
冷蔵庫の冷気吹き出し口の近くや他の食材からは離して保管をおすすめします。
注意点
状態(色、香りなど)を確認しながら時折包み替えを推奨いたします。

品質・状態

  • 生地の中に白い結晶が点在していることがあります。これは、長期熟成から発生したアミノ酸(旨み成分)なので安心してご提供ください。
  • 生地の中に筒状に穴が入っている場合がございます。これは、トライアー(特にコンテによく見られます)という熟成状態を生産者がチェックする際に出来たものです。
  • ハードチーズの硬い外皮は、外してお召し上がりください(特に、ワックス加工されたものは食べれません)

最近チェックしたアイテム

おすすめの特集