• エポワス ハーフ EPOISSES
  • エポワス ハーフ EPOISSES
  • エポワス ハーフ EPOISSES
  • エポワス ハーフ EPOISSES

アイテム説明

エポワス ハーフとは

ワインの名産地のブルゴーニュ地方らしく、地元のワインの搾りかすから作られる蒸留酒‘マール・ド・ブルゴーニュ’を加えた塩水で表面を洗いながら丁寧に熟成されています。マール酒の割合を徐々に上げていくことで生まれるオレンジ色の美しい表皮の中身はねっとりと濃厚。力強く繊細な風味に仕上がり、後味には上品な甘ささえ感じられます。
中身は柔らかく、完熟のものはトロトロでスプーンですくえるほど。ブルゴーニュやボルドーの極上な赤ワインとぜひご一緒に。
日本酒、焼酎にも良く合います。14〜15世紀頃、ブルゴーニュ地方のコート・ドールの丘陵にある小さな村エポワスのシトー修道院の僧侶たちによって造り始めたと言われ、フランスの美食家ブリヤ・サヴァランによって「チーズの王様」と賞賛されていました。又、ナポレオンは、この土地の銘酒シャンベルタンと合わせることを好んだとも言われています。第二次大戦後に絶滅しかけた時、ベルトー社のロベール・ベルトー氏の情熱によって復活を遂げた経緯があります。その熱い思いは、現社長のジャンにも伝えられ、今ではブルゴーニュのみならず、フランス中のチーズ屋に「ベルトー社のエポワス」と指名されるまでになっています。
こちらはフランスでハーフにカット、流れ止めをつけた上でケースに入れています。200gサイズでは大きいと感じるお客様にオススメです。

(1個あたりの総重量:約100g)

<--
※ケースに蓋が付いておりませんが品質には問題ございません、予めご了承の上、お申込み下さい
-->

この商品について問い合わせる

最近チェックしたアイテム

おすすめの特集